協全式掻出機KAS- 型は、@コンテナーの段ばらし
機(送り込み機)、A掻出機、Bコンテナーの段積み
装置(積み上げ機)からなっております。
 もちろん自由な組合せが出来ますので、例えば
@+A、A+B、あるいはAを単体で使うことも可能
です。

 特長
 コンテナーの段ばらし機と、段積み装置を掻出機の
前後に配置したので、人手を一切介さずに多段積み
で運ばれたコンテナーが、掻出機に再び多段積みで
送り出され、自動的に次の工程に移送することが出来
ます。
従いまして、省力化の点で顕著な効果が有ります。
 掻き出しされたコンテナーが多段積みされているた
め、そのままビン積め込み室までコンベヤー(ローラ
ーコンベヤー、ベルトコンベヤー・・・)で運ぶ事が可
能になります。
 例えば、掻出室で掻き出しをしながら、積め込み室
ではその送られてきたビンをすぐ使う、というような今
迄にはとても考えられないことが可能になるわけです。
この方法ですと、手間の問題とな掻きだしたビンを置
いておくスペースの問題が同時に解決します。
 この装置は、構造が簡単であり安価に提供できると
共に占有面積が小さいことが一番の特長です。

型 式
機械の組み合せ
使用電力
奥 行
高 さ
備 考
KAS-2
送り込み機・掻出機
段積機
200V-2.18KW
910
2755
1900
 掻出       1.63KW
 コンテナー送り 0.22KW
 コンテナー積  0.13KW
 チェンコンベヤ 0.20KW
KAS-3
送り込み機・掻出機
200V-2.05KW
910
2300
1900
KAS-4
掻出機・段積機
200V-1.96KW
910
1755
1900





※仕様は予告なく変更することがあります。